一般的にお金を借りる場合は、利息が発生します。そしてその金額は低ければ低いほど良いものです。それでは、できるだけ自己負担を小さくしてお金を借りたいなら、いったいどのようなサービスを利用すれば良いのでしょうか。

狙うなら銀行系カードローン

困ったときにお金を借りるなら消費者金融が代表的ですが、この場合の金利は利息制限法ギリギリの数字で設定されていることが多いので、どうしても高いと感じてしまうことがあります。

そこで狙いたいのは銀行系のカードローンです。

銀行系カードローンにも大きく分けて2つあります。ひとつは一般的な消費者金融とほとんど変わらない条件でお金を貸してくれるもので、これは審査が通りやすくすぐに借りられるというメリットがあります。しかしそれ以外に、審査は厳しくても金利が低く設定されているカードローンがあるのです。

もちろん借りる金額によって変動するものですが、ある銀行のカードローンでは10万円以上の借り入れなら利息が14.6%となっています。消費者金融の場合は18%と考えると、これはかなりお得に借りられる数字です。借りる金額次第ではもっと金利が低くなるので、もしも銀行系カードローンの審査に通ったら、迷わずこちらを利用すると良いでしょう。

借りる金額が少なければ利息の差はそれほど大きくならないので、ここまでこだわる必要はないかもしれません。しかし数十万円という借り方をするなら、利息の差は大きな違いになることを知っておいてください。返済完了まで時間のかかる借り方をすれば、それだけ違いを実感できます。

メニュー