本当にお金に困ったときには、借りられるならどこでも良いと考えてしまう人がいます。確かに目の前に迫るピンチを乗り切ることが重要かもしれませんが、信頼できないところからお金を借りたことからトラブルが起きることもあるので注意してください。

お金の貸し借りはお互いの信用が重要

信頼という言葉は貸す側が借りる側にするものと考えられていますが、それだけではありません。信用できないところからお金を借りてしまうと、後々大変なことになってしまうのです。

例えばお金を借りてそれを返済したあとも、しつこく利用の催促をされるケースがあります。お金を借りる際にこちらの個人情報を伝えているので、相手は連絡し放題になります。酷いものになるとその個人情報が売却されて、まったく知らないところからも連絡を受けることになります。

非合法な、いわゆる闇金などの業者を利用するとこのようなことが起きる可能性もあるので、十分に注意をしてください。

事前に評判などの情報をチェック

公的機関や大きな企業などであれば、お金を借りる際に信用できます。もちろんそれも100%とは言えないところはあります。

口コミ情報でも何でも良いので、まずはその業者を利用したことがある人の情報を探します。そして実際に利用して何か問題が起こったのかどうかをチェックしていくわけです。体験談形式で細かくまとめられているものがあれば、なお良いでしょう。

探していく中ではサクラが書いたようなものも見つかりますが、細部までしっかり情報があるのか、どこかで見たことがあるような文章になっていないのかを確認してください。その上で問題がないと判断できるところからお金を借りるようにすれば、自分の身は最低限守れるようになります。

メニュー